1月15日の京都市内は大雪、JTBは大混雑。

暖冬が続いていて暖かかったのですが、急に寒波が来て1月15日の京都市内は朝から大雪は大雪でした。

子供達は、雪だるまを作ったりで大喜びだったのですが、自分たちは寒くて外に出る気にもなれずでした。

昼から旅行の予約をするのにイオンに行く予定があったのですが、雪で車が出せずに阪急電車でイオン桂川に行くことにしました。

こんな大雪なんで空いているのではという予測でしたが、反して結構混んでいました。
イオン桂川店もできて一年以上経過しましたが、相変わらずの人の多さです。

随分となれましたが、相変わらずの広さです。

8人待ちでした。
JTBの桂川店は始めてですが、待ちの発券だけではなく電話番号を登録して2人前になると電話をしてくれるようです。
なので店内で待っている人はいません。

しばらく掛かるかなと思って他の店に買い物に行きました。
戻ってきましたが、後どれぐらいの待ちなのかはわかりません。
今相談中の番号は表示されていましたが、後どれぐらい待ちなのかはわかりません。
便利と思ったけどもうひとつ?

店内で待っていると店員さんから番号を聞かれて、後2人旅行の相談があるので1時間ぐらい掛かりますとのことであった。
なので、先に休憩に行って戻ってくる途中でようやく電話がありました。

この時点で受付登録をしてから3時間近く経過していました。
なぜ、時間が掛かったかこの後なんとなくわかります。

ようやく順番になったので希望の宿と日程を話しました。
空いていたのですぐ終わると思ったのですが、ここからが長かったのです。

多分、会社から指示されているのだと思うけど無料のポイントカードをすすめたり、店舗とWebのポイントを統合したりというのを話し出します。
このポイント統合をするのに予約以上に時間がかかってしまいました。

こちらとしては、よくわからないけどいっしょう懸命説明しているし、JTBさんとしてはWebからの予約を増やして手を減らしたいのかなと思いますが・・・
サービスとしてはどうかなと思います。